コンプレックスを考える

コンプレックスとは

「コンプレックス」と日本で使われる場合には、「劣等感」と同じ意味で使われることが多い言葉です。和製英語で、「劣等コンプレックス」といわれる時もあります。自分が、他人と比べてどこかが劣っている、と感じる人の心にある感覚です。コンプレックスが厄介な点は、客観的に見て、または周りの人々がそう感じていることが、本当かどうかの正確性によって感じるのではなく、本人の主観的な、他人との比較によっておこる感情であるという点です。あくまで主観ですから、容姿であったり、学習能力であったり、と様々な原因で引き起こされる可能性があります。また、時にコンプレックスがあるということがコンプレックスを生んでしまうという連鎖的な反応もあります。コンプレックスはストレスを呼びます。ストレスには、快ストレスと不快なストレスのふたつあり、これらが適度にあることが人の適応性に必要ではあるのですが、過度なコンプレックスは、人の心にとって重いストレスを呼びます。そのために、バランスが崩れ精神を病んでしまうことがあります。また、コンプレックスによって引き起こされた嫉妬心が、他者への暴力行為や犯罪行為を生んでしまうこともあります。このように、コンプレックスは、人の精神面や行動に、非常に重要な影響を持っています。過度なストレスを生まないためにも、まず自分にコンプレックスがあれば、どんなものなのか、どういう解消方法があるのか探っていくことはとても大切です。

○注目サイト
男性のコンプレックスで多い包茎の手術を専門に行っているクリニックです >> 包茎手術

女性のコンプレックス

男性と女性は、体の造りはもちろんですが、考え方に違いがみられることが多いものです。コンプレックスとは、主観的なものですが、やはり男性と女性では違いがみられます。女性は、友達や職場でグループをつくり交流しますが、その中で、たとえば「同僚が彼氏と旅行に行った」といったひとつの行為に対して、「自分・・・

コンプレックスの性差

「婚期を過ぎても結婚していない」この事は、女性だけでなく男性も持っているコンプレックスです。周囲の人が結婚して、家庭を持つようになると、結婚願望があると持ち始めます。その後時間が経過しても、結婚できない、もしくはこのコンプレックスを克服できない。となると、「○○だから結婚できない」となっていき・・・

コンプレックスを克服

コンプレックスは厄介なものです。誰も持ちたいものではありません。コンプレックスについての愚痴とも思える発言が出る人は、克服をあきらめてしまっているのかもしれません。しかし、克服する方法はたくさんあります。たとえば、男性の頭髪の薄さに関してですが、単純に坊主にしてしまえば、頭髪の薄さに関しての・・・